忍者とチヌの関係
TAGS: チヌ釣りの面白い話忍者釣りの歴史釣りの面白い話

チヌとは?

クロダイ(黒鯛、学名 Acanthopagrus schlegelii)は、スズキ目・タイ科に分類される魚の1種である。東アジア沿岸域に分布する大型魚で、食用や釣りの対象として人気がある。
全長は最大70cmを超えるが、よく漁獲されるのは30cm前までである。
成長によって呼び名が変わる出世魚でもある。関東ではチンチン-カイズ-クロダイと変わり、関西ではババタレ-チヌ-オオスケとなる。 瀬戸内海、特に広島湾での魚影が濃くこの海域のみで日本の2割近くが水揚げされる。関西地方を中心に「チヌ」という別名がよく用いられるが、他にもクロ(東北地方)、ケイズ(東京都)、カワダイ(川鯛:北陸地方)、チンダイ(山陰地方)、チン(九州)、クロチヌなど、様々な地方名がある。ただし「クロ」など一部の呼称でメジナ類との重複が見られるので注意を要する。

釣り人の間では、大物としての呼び名として、50cm以上を「年無し」、60cm以上を「ロクマル」と称されている。高知県の宿毛湾に生息するものはその引きの強さからマッスルチヌと呼ばれ、人気を博している。

 




チヌと忍者の意外な関係?

チヌは波止場でみんなが憧れる魚でただし警戒心が非常に強くなかなか釣果を上げるのにはテクニックや知識が大きく影響してチヌ釣りをしている人を波止場で見かけるといつもカッコいいなーと思います!

警戒心が強い魚なので忍びの修行でチヌを釣ってこいという試験があったみたいです!

昔の忍者の卵は竹の竿を持って気配を殺して近寄って釣ってたのかなって想像すると面白いですね(#^.^#)

なのでチヌをバンバン釣りあげてる人を見ると忍者の素質があの人にはあるのかな?なんて思ってしまいます( *´艸`)

余談

ちなみに一番最初の釣り針は動物の骨を削って作られたそうです!

最初に釣りを考えた人は凄い( ゚Д゚)後、かなり器用な人だ!

 




 

Author

バス釣りをしてましたが今ではファミリーフッシングに夢中です(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパムコメント対策中 - H Speed WP